良い面だけではない人気の高いフラット35 悪い面を考える

 これから住宅を買おうと思っている人もたくさんいるかと思いますが、そんな中でも今、フラット35が人気が高まっているそうなんです。 一般的な民間の銀行だと、審査もやや厳しく借り入れ出来ない何て稀に聞きます。 だからこそ、フラット35で借り入れを申しこむ人が多いのかもしれませんね。

 

 しかし、フラット35でも良い面もあれば悪い面だってあるんです。 良い面としては最長35年間固定金利なところだったり、低金利なところ、最高8,000万円まで借入可能なところ、保証料0円なところ、繰上返済手数料不要だったり保証人不要なところが人気の理由なのかもしれません。 それとは逆にフラット35の悪い面としては、団体信用保険が別途必要になるところや一回に8,000万円までしか借入ができないところや物件価格の8割までしか借入できなかったり、所得によって融資限度額が決まったりしてしまうそうなんですよ。 また借入にも色々と条件があるようですし、繰上返済の最低額が100万円以上なければならないそうなんです。

 

 そういったところを含んだのち、最終的にどうするかは本人が決めることですからね。 どこのローン会社にせよ、こういった良い面や悪い面というのがありますので、他社の比較して良く考えた方が良いかもしれませんね!! でも、私だったら変動金利よりも固定金利の方が安心するので、やっぱりフラット35が一番良いような気がします。